昭和35年頃より、久留米絣が全国的に知られていることから
「久留米はんてん」と称するようになります。

今でこそ純国産の久留米はんてんの数は少なくなっておりますが、
最盛期には250万枚を超える久留米はんてんが製造・販売されて
いました。

久留米はんてんの歴史・年表

■江戸時代末期、井上伝によって久留米絣が発案され、後に全国的に久留米絣が広まる。

■久留米縞 1876年(明治9年)久留米絣として生産されていた縞柄を小川トクが田中久重に揚框(あげわく)機の製作を依頼し量産化に入る。

■戦後、久留米市の卸商が綿入はんてんの製造加工販売を開始する。

■昭和25年頃、織物業者による綿入りはんてんの製造開始。

■昭和35年頃より、久留米絣が全国的に知られていることから「久留米はんてん」と称するようになった。

■昭和37年頃には革新織機が入り、さらに織物が盛んな町と変っていく。この頃より、関西地区(後に関東、全国区に販売が始まり全国的に販売が始まる)

■昭和53年「久留米はんてん協同組合設立」

■平成3年、産地全体で綿入りはんてんの生産量が250万枚を超える。大量生産で価格も他産地より安価にできた為、綿入りはんてんの製造としてほぼ全国を占めるようになりました)

その後は徐々に中国産の輸入品も入り出し、また時代の変化とともに生産量が減っていきました。
しかし品質の良さから需要はあるが手縫いでの仕上げなので縫い子さんの不足や後継の問題で限られた生産枠になっていきました。生地から製品まで仕上げる織物産地はこの久留米・筑後地区だけと言っても過言ではありません。(通常は、機屋・生地屋・縫製屋・最後にメーカーと分業した物作り構成となっています。)他産地にはない一貫した物作りで競争力を高めて努力しています。
安価で良い物ができるのは一貫した製造工程だからできる事です。