当社の本場久留米はんてんは「綿入りはんてん専用中綿」
を使用しております。
自社工場にて熟練の職人が1つ1つ、手作業にて綿を詰め、
縫製し、厳しい検品を受け合格した製品だけが出荷されています。

軽く・暖かく・丈夫で着心地の良いはんてん。
自信を持ってお送りできる、自慢の商品です。

暖かさの秘密

綿が入っているので、とても暖かく感じます。しかし、なぜ綿が入っていると暖かく感じるのでしょうか?人体から出る僅かな湿気や、空気中の水分が綿繊維に保たれます。それが体温で暖められることにより、暖かさを増します。 ふっくら感がなくなってきたら、陽に干してみてください。干すことによって、伸びきってしまった綿繊維が縮み、綿に空気の層をつくります。これにより、ふっくら感が蘇ります。

表生地の秘密

【アクリル・ポリエステルの化繊タイプ】

アクリル60%ポリエステル40%でできた表生地はしなやかで且つ、発色性が高く、染色堅牢度性能に大変優れた生地です。特に耐光堅牢度、及び生地の耐久性に優れています。 陽に干して色あせることなく長期に使用できます。綿100%の物に比べると肌触りの良さは劣りますが、首周りに直接触れる部分には綿100%別珍(綿ビロード)を使用しているので心地よく着ることができます。この産地でも『久留米はんてん』として最も多く生産され、また歴史があるタイプです。

※弊社では東洋紡の子会社である『日本エクスラン工業』のアクリル繊維を使用しています。 (日本で最初のアクリル繊維メーカーであり、生産から最終加工までの工程をすべて日本国内の工場で行っています)

【綿100%のタイプ】

紡績から糸染め、生地の整理加工まで全てを日本で行っています。特徴として、久留米織ならではの堅牢な染めと発色性の良さがあります。天然繊維独特の風合いや肌触りのよさ、伝統的な和の柄枠をご堪能下さい。久留米織(表生地:綿100%)の綿入りはんてんもグレードの高い製品として好評を得ています。

手縫いでの仕上げ縫製

ミシンで縫うと、生地同士が圧着してしまい、ごわつき感のある着心地となってしまいます。 当店では、はんてんを製造する工程の半分は手縫いで縫製を行っています。これにより、綿が入っているにもかかわらず着た時のごわつき感がなく、しなやかさな着心地となります。

海外製・安価品との違い

海外製・安価品

  • 中綿がポリエステル100%であるため、暖かさが損なわれる。
  • 干してもふっくら感が復活しない。(綿繊維が入っていない為)
  • 全てミシン縫い仕上げなので、着てもごわつき感がある。

弊社製品

  • 綿入りなので、とても暖かい。
  • 干すことによりふっくら感が何度でも蘇る。
  • 手縫い縫製なので、ごわつき感がなくしなやかな着心地!